不動産を収益物件に変える!目からうろこの投資活用術

お家

利益を得る

駐車場

コインパーキング経営は、メリットとデメリットがあります。また、自分たちで管理する方法と管理会社に管理を委託する方法とがあります。また、設備もバーのあるタイプ、ノック式などがあり、さまざなま選択をしていかなければいけません。

» 詳細へ

長期的スタンスを取ろう

集合住宅

個人が中古マンション等で不動産投資をするのであれば、短期で売買を繰り返すよりも長期スタンスで保有することを考えましょう。不動産売買はコスト負担が大きいため、短期の売買は利益をあまり残すことができません。

» 詳細へ

空いた土地の有効活用

パーキング

空いている土地の有効活用の方法として駐車場を施工する方法があります。これによって駐車料金の副収益を得ることが可能となります。立体駐車場は、雨風から自動車を守るために人気があります。他方で地震などの自然災害に弱い場合があるために注意が必要となります。

» 詳細へ

誰でもできる不動産投資

一軒家

家賃をローンに当てる方法

不動産投資というと土地を持っていたり、マンション建設資金が必要だと思われがちです。しかし最近人気になっているのが、サラリーマンでも可能なワンルームマンション投資です。これはワンルームを購入して賃貸として貸し出し、その家賃で購入時のローンを支払うというやり方です。この方法なら自分でローンを支払わないで、ワンルームを自分の資産にすることができるのです。これがワンルームマンション投資の人気の理由です。これを成功させるには収益物件を探す必要があります。収益物件というのは入居希望者が常に出てくる物件ということです。具体的には交通の便が良く、周辺環境が整っていることです。室内環境に関しては日当たりと風通しが良い物件ということです。このような収益物件を購入できれば、ワンルームマンション投資は成功したも同じです。

大学近くの物件が狙い目

収益物件を見つけるには不動産情報をたくさん集めることが基本です。その場合、ワンルームマンション投資専用のマンションを探すのか、一般のマンションを探すのか決めることが大事です。大学などの近くにはマンション全部がワンルームになっている物件があります。そのような物件は学生が常に入居するので収益物件になりやすいのです。一般のマンションの中でワンルームを探すとなると、マンションの立地を検討する必要があります。またファミリー層などが住む部屋と混在するので、苦情が出やすくなることがあり、管理の面で大変なケースも出てきます。このような場合でも大学近くのマンションを探すなどの工夫が必要です。大学などは今後も東京に集中するので、学生向けのワンルームマンション投資はこれからも人気が続きます。また豪華な部屋と低価格の部屋の二極化が進みます。